She is wearing white underwears

ピンク映画

a girl has blonde hair

現在日本ではアダルトビデオ、AVと称されるアダルト動画であるが、その始まりは以外に新しい。
世界では、1908年頃には最早ポルノが生産されていたことが判明している。
しかし、日本では、商業用として「エロ」が全面に押し出された動画作品が撮影されたのは、1960年代であった。
当時は「日活ロマンポルノ」シリーズとして撮影されたが、一般にはピンク映画と呼ばれていた。(日活は厳密にはロマンポルノとピンク映画は違うという見解を示している。)
しかし、厳密には、現在のAVと当時のピンク映画には明確な違いがある。
「下半身描写の有無」である。
確かに、現代のAVでも下半身には、モザイクで画像処理される場合がほとんどである。
これは、明治時代に施工された、刑法175条に(わいせつな文書の流布の禁止)起因するルールである。
しかし、ロマンポルノには、前編を通して、下半身描写が出ることはない。
現代よりも当時のほうが、エロ動画の規制が厳しかった所以である。

当時の、ポルノスターといえば、主に女性ではなく男性を指す。
例えば、丹波哲郎や梅宮辰夫などが当時の「ポルノスター」である。
今では、AV男優と、ドラマや映画に出る男優は、棲み分け感が強いが、当時はそれほどでもなかった。
1960年代後半から70年代後半に掛けて、ピンク映画は隆盛するが、その隆盛は突然終末を迎えた。
その要因には、1980年代から登場した、アダルトビデオの存在がある。
VHSの登場に伴い、レンタルビデオ屋が1980年代には乱立するようになった。
それに伴い家庭用ビデオデッキの普及率も爆発的に上昇したのである。
1980年には、2,4%の普及率であったのに対し、1985年には27.5%までその普及率は上昇している。
(参考文献『日本におけるビデオテクノロジー』日本マスコミュニケーション学会)
これにより「家で見れるアダルト動画」が普及し、ピンク映画の規模は徐々に小さくなっていった。

現代日本の文化は、世界的に高い評価を受けているものも少なくはない。
ただ、その中で、エロカルチャーが、世界的にとても高い評価を受けている事を知る日本人は多くない。
特に「HENTAI」や「BUKAKKE」という単語は最早、世界共通語である。
世界のアダルト動画サイトでは、「HENTAI」カテゴリーや「BUKKAKE」カテゴリーが存在することも多い。
しかし、「HENTAI」に関して言えば、日本語の「変態」とは異なった意味で伝わっている。
世界的には、「HENTAI」は「アダルトアニメ」を意味している。
『ジャパニメーション』とは、JAPANとanimationをミックスした造語である。
国単位で俗称がつくことから考えても、ジャパニメーションのクオリティが、世界的にとても評価が高いモノとわかるであろう。
その中でも、HENTAIアニメは大きなコミュニティを有している。
日本のエロアニメ文化は、日本のアダルト動画の中でも最古であり、最初の作品は1932年に制作された。

歴史

a woman has hot body

日本における「アダルト画像」の歴史はとても古い。
アダルト画像の歴史を語る上で、考えていただきたいのが、「源氏物語」の存在である。
源氏物語は、最古のポルノ等と言われることもあるが、それは事実とは異なる。
なぜなら、源氏物語において、性交渉があったことを感じさせるシーンは確かに存在する。
しかし、直接描かれた性交渉のシーンは、全編通して一度たりとも存在していないのである。
とはいえ、その艶かしさたるや、やはりエロティシズムを感じることを禁じ得ないのは事実である。
それゆえ、「ポルノ」というには不十分だが、「大人」の本というイメージは正しい。
ちなみに、平安時代当時の文章を紐解いてみると、男女の恋愛を表す文章は非常に多い。
かつ、その中で、何度も「性交渉を匂わせる」シーンは描かれている。
「そこはかとないエロス」の中で成長した日本の性産業だったが、江戸時代以降抑圧された性は、爆発することとなる。

一見おとなしい「日本アダルト史」であるが、7世紀に建立された法隆寺の天井板に、最古の「エロ画像」が確認されている。
それは、源氏物語よりずっと前のものであり、千年以上前から「むっつり助平文化」が存在していたことを表している。
しかし、日本のアダルト画像が、独自の爆発を起こすのは突然であった。
木版の技術が確立した江戸時代、その技術はアダルト画像作成に大いに生かされたのである。
俗に言う「春画」と言われる絵画の登場である。
言うなれば、男女の性交をモデルとしたアダルト浮世絵が誕生したのである。
蛸と女性などの異種間性交なども描くなど、現代のHENTAIにつながる発展も見せている。
当時の有名絵師が、こぞって書いたことから、マニアも多く、未だに歴史的絵画価値も高い。
デフォルメされた性器が大きな特徴だが、ジャパニメーションにおいてデフォルメは最大の発展ジャンルとも言える。
現代では、SD(スーパー・デフォルメ)と言われる技法も、日本アニメや日本産フィギアなどでよく使われている。

当時の春画の値段は、かけそば一杯程度のものであった。
町人でも気軽に手に入れることができ、「大衆娯楽」として強い人気があったのである。
とはいえ、明治期になると、写真技術が確立されるようになった。
それに伴い、春画は大衆娯楽から姿を消していくのである。
かなり自由な発想で描かれた春画であり、それが隆盛した江戸時代は比較的、性におおらかな時代であった。
春画はもちろん、連れ込み茶屋と呼ばれるラブホテルや「張子」と言われるディルドなど、アダルトグッズも市販されていた。
その後、明治期には、春画にとってかわり、写真がアダルト画像の代表となる。
最初期のヌードポスターは、今も市販される「赤玉ポートワイン」の広告用に撮影された。
そのポスターは、上半身、それも胸元までのヌードしか写していない。
しかし、それでもなお、当時の反響は凄まじいものであったとされている。
江戸時代までは、春画でより露出の多い画像を見ていたのにも関わらずである。
現代でもエロの高解像度化はすすみ、動画、静止画問わず、HD化が進んでいる。

写メ

a woman with tatoo on the back

写メとは、写メールの略称で形態電話にカメラ機能がついた時期以降使われるようになった。元々は写メールという名の通り携帯電話で撮った写真をメールに添付される事を指していた。しかし、最近はメールに添付するだけでなく、インターネットなどのサイトに投稿する事も指している。この場合はエロ写メの事を意味する事が多い。

アダルトサイトでは動画や画像を楽しむ事ができるが、素人が投稿する写メも同様に人気が高い。

出会い系サイトを始めとしてSNSサイトが発達している現在では、インターネットを通じて自分の写真を公開する事に抵抗を見せる人が少なくなりつつある。得にエロ写メを載せる素人が多い事がそれを物語っている。写真の具体例としては、下着姿を撮ったり全開になった胸を写したり、女性器を撮影する人もいる。中には顔を隠さずにしっかりと写した写メを投稿する人も少なくない。

エロ写メを投稿する人は、比較的若い女性に多い傾向がみられる。

語源

a woman has long feet

最近話題のエロ動画を見たい放題にできるサイトはお値段もお手頃価格なので誰もが動画を楽しめるのでいいですよね。

「エロ」の語源はギリシア神話にまで遡る。
軍神アレスと愛と美の女神アフロディーテの息子「エロース」がその語源であるとされる。
初期は、髭の生えた大男で描かれることが多かったが、いつしか凛々しい若者として、描かれるようになった。
その後はいわゆる「キューピッド」と混合されていくこととなる。
故に作品の年代が経るに連れて、容姿が若返る傾向がある。
エロースはギリシア神話の世界で、肉体における「欲望」の存在そのものである。
その後、キリスト教世界では、「肉体への愛」は浮上と考えられ、抑圧されることもあった。
現代でも、その抑圧の傾向は強く、それに反発する運動も各地で頻発している。
無論、キリスト社会のみならず「性」に於ける概念に対し、寛容な宗教は多くない。
そのため、世界中で同様の「性の解放運動」が起こっている。

性愛において、精神科医の大家ジークムント・フロイトは様々な見解を述べている。
中でも「快感原則も彼岸」(1920年)以降急激に「性」に対する記述が色濃くなるのである。
フロイトは同著の中で「性というものはすなわち生きることへの欲動だ。」という思想を抱いた。
この考え方を発展させ、人間に潜む「生の欲動(エロス)」と「死の欲動(タナトス)」の二元論を見出した。
フロイトは、「死の欲動(タナトス)」を性の欲動以外の無意識にその存在を見出した。
言い換えれば、性的欲望を解消しようとする際に働く、無意識の「抑圧」を「死の欲動(タナトス)」と命名したのである。
つまり、種の保存のためにはSEXは絶対に必要であるため、その「解放」は絶対的正義と言えるはずである。
しかし、現実の人間社会で生きるためには、ルールやモラルの中で「抑圧」しなければ生を保つことは出来ない。
この2者間にある矛盾こそが、人間世界に「安定性」をもたらすとしたのである。

現代「エロ」は、凄まじい規模で発展を見せている。
例えば、写真の発明により、それ以前の「春画」から一気に発展した事がわかる。
その、発展形を言うなれば、「動画」も同じように発展を見せたのである。
19世紀の終わりにリュミエール兄弟が、映画を発明したが、1908年にはすでに「ポルノ」が確認されている。
人類の発展は常に、「エロ」と隣合わせと言っても過言ではあるまい。
中でも、日本に於ける風俗産業は、約3兆円の経済効果をもたらしている。
同時にAV(アダルトビデオ)産業も5000億円の経済基盤が存在している。
かなり大きい経済体であり、日本の経済に一石を投じている事がわかる。